集合圖-02.png

台湾留学で世界を舞台に

中国は日本最大の貿易相手国であり、2019年輸出入総額はアメリカの1.38倍。台湾、香港、シンガポールなど中華圏の地域を加えると、アメリカの1.86倍にも及びます。21世紀、中国語は英語に代わる「世界共通語」になるともいわれています。中国語や中華圏の文化が分かれば、就職や今後の活躍にきっと役に立つでしょう。

なぜ台湾留学?

留学先選びの大きな要素は教育の質生活環境費用です。中国語や専門分野を学習したい方にとって、台湾は最適な留学先となるでしょう。

教育の質

  • 国際化と多元化の環境

  • バイリンガル学習が可能(中国語と英語)

生活環境

  • 自由とジェンダー平等

  • 健全で優れた医療環境

  • 日本人が住みやすい環境

費用

  • 費用は、日本に比べて約320〜610万円割安です

  • 給付型奨学金を受けられるチャンスがあります

 
台湾の大学留学費用

* 上記金額は一般的な金額です。学校や生活スタイルによっても費用は変わってきますので、詳しい金額はお気軽にお尋ねください。 1台湾ドル=約3.6円として計算しています。

台湾の大学の入学条件

外国人(留学生)に大学留学で必要なのは高校での成績中国語検定試験の成績です。
入学試験はありません。

台湾留学への流れ

ステップ

中国語検定試験を受験

希望学科と大学を選択

出願資料準備

入学願書を提出

合格通知

留学準備

台湾へ留学!

時間

11月~2月

12月~1月

1月~2月

3月~6月

5月~7月

7月~8月

8月

 
台湾で学習した中国語を中国で使えますか?

もちろん使えます。台湾と中国で使う中国語は同じです!台湾は繁体字を使用していますが、中国は字画が少ない簡体字を使用しています。

繁体字は難しですか?

日本人にとって、繁体字は習得しやすいです。日本で一般的に使用される漢字の約90%は繁体字に類似しています。簡体字は繁体字の簡略版なので、繁体字が理解できれば簡体字も理解しやすくなります。

chatroomの台湾大学進学準備クラス

chatroom の台湾大学進学のための中国語カリキュラムは、中国語試験対策強化進学準備コースの2つの課程で構成されています。 中国語試験対策強化では集中して読む力・聞く力の基礎を固め、進学準備コースでは書く力・話す力を強化して行きます。

大学に出願する為に必要な中国語検定試験のレベルはTOCFL A2ですが、一般的に試験に合格する為に必要な学習時間の目安は480〜720時間と言われています。しかし、本校の受講生の平均学習時間は約110~205時間程です。

chatroomでは中国語を伸ばす授業だけではなく、それぞれの受講生の個性や能力、志望に基づき、台湾進学のアドバイスを行います。 受講生の希望にぴったり合う大学、学科選択のお手伝いをします。

短期間

中国語学習から

希望大学申請合格まで

1年間で

可能です

上質な指導

ひとクラスの受講生は

最大で6名!

初心者でも安心の

サポート体制

適切な授業料

受講費用は

月約37,000円~

受講生のニーズに

数を計画します

負担軽減

入学申請、

渡航準備等の

代行サポート

提供しています。

  • 受講ペース

   週2~3回(1回2.5~3時間)

  • 入会金(初回のみ):

   55,000円

  • 受講費用(教材費は含まれている):

   週2回(5H) 月37,000円

   週3回(8H) 月59,000円 

  • 入学申請
サポート:

   120,000円(留学計画書と自伝の文書作成サポート/学校選択のアドバイスを致します/入学申請書作成)

  • 渡航準備:

   50,000円(ビザ、宿泊、航空券申込ガイダンス/学校との連絡サポート/台湾入国後の生活知識に関するガイダンス)